トップ  > メーロンハートンのブログ  > 朝のやってはいけない習慣

朝のやってはいけない習慣

こんにちは、今日は絶好調。
朝からやってはいけない習慣を実践してみた。
 
☆二度寝しない
☆スマホのチェックは午後からにした
 
ポイントは携帯とか目覚まし時計のスヌーズ機能を使わない。二度寝や三度寝を繰り返すと睡眠のリズムが狂い逆に体がしんどくなる
 
睡眠のしくみ!
そもそも睡眠とは生理現象であり、生きていくために必要不可欠なものです。
・寝る時間を固定すると良いわけ
なぜかというと最初の入眠が深く取れるように自分のサイクルを知る。(個人差があります)
皆さんも知るところの「レム睡眠」「ノンレム睡眠」という性質異なる2つの睡眠があり交互に交互に繰り返されている。

知ってる方も多いと思いますが、レム催眠とは、急速眼球運動、この時全身の筋肉は弛緩し、脳では記憶の整理や固定が行われている。夢はこのレム睡眠の間に見やすいと考えられています。

ノンレム睡眠とは脳がぐっすり休んでいる状態をいう。このとき脳は働きを抑え、意識水準や体温を低下させる。眠りにつくと、まずノンレム睡眠に入り、その後眠りは徐々に浅くなりレム睡眠に入る。一晩の間にこうしたリズムが数回繰り返されるが、時間の経過とともにレム睡眠の持続時間が長くなり、朝の目覚めを迎えるようになる。

睡眠のリズムは90分から120分と言われています。自分のリズムを知ることが大切である。

とはいえ、中々実行できないのが現実です

オマケ

睡眠中に分泌される主なホルモン3つ

「メラトニン」は目の網膜から入る光の量によって変化する。昼間はほとんど分泌されない

注意液晶画面から強い光を浴びてしまうと、スムーズな入眠の妨げとなるため注意が必要です。

「コルチゾール」副腎から分泌されるホルモン、睡眠中の血糖値を一定に保ちエネルギー生産を促す。

「成長ホルモン」脳の下垂体前葉から分泌される。代謝促進、脂肪を減少させる作用もある。

寝ながら痩せれるのは嬉しいですね。

 

 

メーロン合同会社

〒 5350011

大阪市旭区今市2-7-14 1階