トップ  > メーロンハートンのブログ  > イチロー選手の『夢』

イチロー選手の『夢』

これは、ある美容商材のセミナーで頂いた資料です。イチロー選手の話です。
既に、沢山の人が知っているお話ですが、又、何度も何度も読み返してみて下さいね。
 
『夢』6年2組 鈴木一郎
僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。そのためには中学校で全国大会でへ出て活躍しなければなりません。活躍できるようになるには練習が必要です。僕は3歳の時から練習を始めています。3歳~7歳までは半年位やっていましたが、3年生の時から今までは365日中360日は、激しい練習をやっています。だから1週間中、友達と遊べる時間は5時間~6時間です。そんなに練習をやっているんだから、必ずプロ野球選手になれると思います。そして、中学、高校で活躍して高校を卒業してからプロに入団するつもりです。そしてその球団は中日ドラゴンズか西武ライオンズが夢です。ドラフト入団で契約金は、1億円以上が目標です。ぼくが自身のあるのは、投手と打撃です。去年の夏僕たちは、全国大会へ行きました。そしてほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバー1投手と確信できるほどです。打撃では県大会4試合のうちに、ホームランを3本打ちました。そして、全体を通して打率は5割8分3りんでした。
このように自分でも納得のいく成績でしたそして、ぼくたちは1年間負け知らずで野球ができました。だから、この調子で、これからもがんばります。そして、ぼくが1流の選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待券を配って、応援してもらうのも夢の一つです。とにかく一番の夢は、プロ野球選手になることです。
                        (愛知県西春日井郡豊山小学校卒業文集より)
 
小学生の時にこんな作文が書けるんですね!小学生の授業で大きくなったら何になりたいと先生に聞かれた時は意外とみんな、漠然と夢を語っていたことを思い出しました。先生も聞くだけでしたね・・・
この作文の凄いところは、小学校ですでにセルフコーチングの出来ているところです。
①目標が明確に描かれてある。②可能性をイメージ数③そのためには余計な事は減らす。諦めることもある。一日24時間好きな事をするための時間配分。④目標達成のために出来るステップアップ、強化。⑤目標達成した時のイメージの明確さ⑥そして目標達成後の先までイメージできている。大の大人でもなかなかできないですよね。だけど、トレーニング次第で誰でも出来るようになりますよ。
先ずは目標を見つけて、夢がかなった時をイメージしてみましょう。
 

メーロン合同会社

〒 5350011

大阪市旭区今市2-7-14 1階