トップ  > メーロンハートンのブログ  > この歳になってもまだまだ悩むことがある

この歳になってもまだまだ悩むことがある

お久しぶりです。

はじめに、ブログを書くことがこんなに悩み難しいとは思いませんでした。いいわけでごめんなさい。

巷でも心理学やコンサル業が再ブームになってはきていますね。ほとんどが怪しいものに感じています。ましてや、自宅にいながら心理学を仕事になんて言って、高額な授業料をとっている、そして気が付いたら難民化して、たらいまわし状態です!裏で繋がっているんじゃないかというくらいアプローチもあります。気が付いたら両手に持ちきれないほどの資格を取り続けている。(もちろん実際には持って歩くものではないが!)更に傷口に塩をぬらんばかりに深入りさす。とどめは集客できないのはやり方が悪いからと別のコンサル業を紹介する。そして気が付いたら底をついた貯金通帳。自分に投資をという殺し文句。大学に行っていないコンプレックスからくるのかもしれませんね。勿論私のことです。

こんなことを言うのもなんですが、心療内科に行ってパソコンと「にらめっこ」しているような先生に診てもらうぐらいなら、民間でも顔見て喋ってくれる人が良いと思います。

カウンセラー選びには注意も必要です。本当に前向きに考えてくれる人もたくさんいていますが、中には悪い無責任なカウンセラーもいていますのでくれぐれも注意してくださいね。

そして実態は、大学で人間学や心理系を習っている人とは違って民間のカウンセリングの勉強をしてる人のほとんどが、本人が病んでいる、病んでいた、カウンセラー自身が患者であったことをしってほしい、自分の意見を押し付けるカウンセラーは要注意ですね!意見を押し付けられるくらいなら、占いにでも行って当たらぬも八卦、挙句に予言よと言われて責任逃れする占い師に行けばいいと思いますね。

私が習いに行っていたカウンセリングの学校の生徒さんのほとんどはこんな人でした。

実態・・・おかしな人も多かった。

パワハラで会社を辞めさせられた(本人が思い込んでいる)自分を正当化している人。

身内に自傷行為が止まらないお子さんがいている、銀行の支店長。

ボランティア命の変わったおばさん。カウンセラー気取りで近所の人の相談に乗った挙句、翌日相談者が自殺した。

子供が登校拒否で子供につきっきりの教育ママ。実は子離れしていないママ(この方はのちに改善されたようだ)

思い込みの激しい看護師。ハサミや使用したものをどうやら定位置に戻さないのが何故悪いと言い続けていた。(悪いけどこんな看護師さんのいてる病院に行きたくないと思いました)

朝起きたら、旦那が手首切って死にかけてたけど放置してきたと言いながらランチをむさぼる人。(

女優帽をかぶって、大きなサングラスをして歩く女性)

ホストクラブの人や水商売の人

そして、占い師の人も多かったです。

良いカウンセラーに出会うためには時々勇気をもってチェンジも考えて見てくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘が自傷行為をやめてくれない。

登校拒否の子供がいてる。

娘のことが心配で仕方がない、早く言えば親が子離れしていない、子供のことを見張っている

性同一性障害

メーロン合同会社

〒 5350011

大阪市旭区今市2-7-14 1階